スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
今、帰宅(30日17:00現在)しました。

全日の感想を言います。

まず、一般討議演説・・

本当にたかひろさんに感謝と謝罪をしたい。

たくさん演説希望者がいる中で、たかひろさんに選んでいただいた。

自分にとっての「自己満足に終わらない挑戦」ということに挑戦する機会をいただいたことは大変嬉しかったです。

しかし、いざ演説内容を考えてみると、本当に自分の実力のなさを痛感痛感・・また痛感(><)

何度もたかひろさんに推敲をしてもらいました。

しかし、満足できるまでの文章内容は出来ませんでした。

でも挑戦はしました。

演説自体は堂々と出来た。

さて、

今回挑戦して・・

演説許可の通知が来てから、演説をするまで充実した中で(その中には、自己嫌悪や焦燥感。劣等感の吹き溜まりになった時期も含む)自分の実力と真正面から向き合えました。

本当にいい経験だった。

完成はできなかったです。

自己満足もしていません。

多分、私の演説を受けて、こんな演説するなら俺にやらせろ・・と言う人もいたかもしれません。。

ですが・・いや、だからこそ・・この挑戦は私の人生を左右するほど衝撃を自分に与えました。

ここで学んだ、自分がすべきことというのを今後も続ければ・・すごく自分は成長できます。

そして当然ながらそれを知った私は、今後もそういうことを挑戦し続けます!!

是非是非、来年全日に出る人は一般討議演説に挑戦してみるべきです!

でもやっぱり「自己満足」で終わってはいけないけどね。

さて会議・・

私はフランス大使として総会第一委員会・核軍縮に出ました。

え~感想を言うならば・・不完全燃焼であり、議場の各国の動き等にも不満足を覚えます。

理由はたくさんありますが、それをここで「つらつら」といってもしょうがありません。

しかしやはり一つの今会議のハイライトである・・というかそれ以外どこにハイライトがあったのか謎の会議でしたが・・

DRが23枚出たんですよ。。でワーペも50枚以上でました。

まあ会議冒頭のワーぺの連続提出には本当にイライラしたし
ほとんど見る気も起りませんでした。

やっぱり他の大使がレビューでもいってたけど、そのワーペを見てもらいたいなら、見てもらうための工夫をしなければいけないと。

ゼミのレジュメとかでも大変つまらないレジュメとかがある。それと同じであろう。

あとやっぱりタイミングだよね。

また初日のインフォーマルの段階では論点自体は広範囲にわたるものの、わりかし想定の範囲内のDR数・グループでありました。

が・・しかし、・2日目には・・DR・グループが大量増加しました。
それ自体は会議の性質上かまわないと思う大使もいるし、いない大使もいます。

でも、結局交渉時間がありえないほど不十分でありました。

核軍縮を主張する国々(NAC以外)は交渉時間を逆算してDRを本当に作っているのか大変疑問でした。

しかもP5を交渉の場に立たせるような場面が見受けられなかった。

ただでさえ、交渉時間がないのに鬼気迫る迫力でもってP5との交渉姿勢をしめさなかった。

もちろん、P5から自分の反対するDRに対して交渉すべきだという意見もあると思います。

僕もどっちが良いのかなあと会議が終わってからも非常に悩みました。

で、やっぱり歩み寄りだと思うのですが、

今振り返ってP5はきちんと反対内容は提示したという事実はあるんですよ。

P5は2日目の深夜こーカスのときに、米英露仏中がそれぞれ自国の見解に基づき朝まで、本当に寝ずに23枚のDRを全部目を通して納得できない点を非公式ワーペとして朝に各国別々に提示しました。

その時点で各国はP5がどのDRのどこに問題があるのかは理解したわけですよ。でもかならずしもすべての大使がそれに対して本気で「交渉しましょうよ!、なんで呑めないんですか!?」と言ってくる大使というのが、時間の制約も含め、かならずしも多くはいなかったと思います。


朝になってまだグループ内での作業もあったみたいで、集中交渉という雰囲気にはまったくならなかったと。

それが結局P5と他の国という一番重要な交渉が最後のハイライトとして訪れなかったと思います。

もちろん、議場全体の雰囲気とかマネージメントが原因だと思うんです。もっと今回の会議の流れっていうのを活発に最初に議論すべきでした。

あんなワーペの大量放出なんてやるんじゃなくて。

無秩序・・それが今回の会議でした。

果たして各国は本当に核軍縮を現実的手段を用いて、核兵器保有国に迫る気があったのか?甚だ疑問である。

主張はしたけど、さまざまな理由で迫るまではいかなかった・・そんな会議ではなかろうか?

NACはニュージーランドを中心にすばらしい動きでした。

しかし、私から見てると途中からNACは他のグループに足を引っ張られたかなと思います。NACが交渉にいきたいけど、他の国があとからDR出して、それに読み込みの時間を割かれる・・といったことがやはりありました。

とりわけフランスは本来すべきはずのNACとほとんど交渉できずに終わった。

その時点で私は、「あ~自分結局がっつり交渉できてないじゃん」ともう反省しまくったし、もう自分に本当に不満足でした。

私が思うに・・
唯一P5すべてに迫ったのはベトナム大使の非核地域条約に関するDRであると思う。

・・このように

なんか色々と思うところはあったんですよ~、本当に。

すごい自分に不満足。

もっと頑張れたかな。でも全力で演説と会議の準備は費やしました。

なんど朝からドトールに通ってコーヒー飲みながら作業したことか・・

成長は作業始めたときからすごいししたのだが、全日で求められるフランスの50%くらいしかたぶんできませんでした。

だから不満足です。

でも、努力はした分、会議中とレビュー(レビュー超楽しかった!みんな話面白い!もっとみんなのスピーチ聞きたかった☆)は常に勉強になりました!

だから参加出来たことはやっぱり単純に楽しかったし、価値がありました!

あ、あとですね~!自分で言うのは手前味噌なんだけど、これは国際教養のみんなに伝えたいんです。

閉会式のベスデリ発表で、ディレクから二人会議で頑張った人がいて、その二人を今、伝えたいという話になりました。

で、ベスデリにはいたらなかったけど会議の中で頑張った国でこの場で名前を伝えたい国があると・・

そこで・・・

私の名前が呼ばれました~。

まあ、自分で言った通り50パーセントのフランス(リサーチした中であるべきフランスは完璧に把握しているので、冷静に50%という評価を下しました)だったので、

多分NACとかは不満があると思いますが、

やっぱりアワードとして、デリを評価するのはあくまでもディレクなのでそのディレクにベスデリじゃないけど、わざわざ、

「閉会式」で

ベスデリ発表の前に、

名前を出して評価をしてもらって、

議場から「拍手」をいあただけたのは大変うれしかったです!

ちなみにベスデリはニュージーランドの石井ちゃん(日吉)でした。

石井ちゃん(日吉)おめでとう!

このようにですね・・ワセケンの皆様のおかげで、多少なりともフロントから評価されるぐらいになりました。

とりわけ旧メンのみんなのおかげです。二年間モギコクを続けられたのも(実は旧メンだけでなく、上の先輩にやめようかと悩んでいたときに励まされたこともあったのですが)おおかた(笑)旧メンのおかげです!

ありがとう~

以上!全日お疲れさま!
スポンサーサイト
【2005/12/30 18:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/12/30 22:07】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ki1212.blog23.fc2.com/tb.php/45-e6240e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お初と寛次


時代の波に流され書き始めたブログ。 創作心中劇「お初と寛次」の創作と現実の日々の生活を交錯させた、新しい!(なんとでもなる?)ブログ☆

I am・・・

名前:kyouhei 年齢:20(しつこいようだが加藤あいと誕生日同じ) 所属:単位崖っぷち大学生 趣味:スポーツ観戦(野球・蹴球等)・日本史(北条早雲~GHQまで※江戸中期のぞく)

kyouhei

Author:kyouhei
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。