スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
タイトルなし
現在、一日の午前3時半!
そうです正月からバイトです!

昨日の大晦日はすごくいい一日だった☆

昨日に続き、核軍縮の話を‥
私の自論というより、今回の会議で出た意見を自分なりに噛み砕いただけですが‥

まず、この会議に出れたおかげで‥

おそらく「人間として人類全てが向き合うべき問題」の一つであろう、「核問題」に関して、

私が死ぬまで‥あるいは核が無くなるまで、

私は適切な知識を持続的にこれからもつけるならば‥
ずっと考察しつづけられる土台が会議に参加したおかげで得られてよかった。

以下リサーチに必要だなと思った事。

結構、リサーチしたつもりでしたが、核軍縮の会議には世界政治を深く知らなくちゃいけないなと思いました。

(あ)「冷戦」を知る必要がある。

05年現在、冷戦の中での核の役割に対して評価を下す時代に来ているという意見がありました。

今回の会議でもそういう視点からの議論があるべきでした。

(い)冷戦終了から00年の再検討会議までの間の流れをより深くしる必要は当たり前ですが、

とりわけ、第三諸国(NAM)が、米ソの二極構造崩壊以降どういうスタンスであるのか?

グループとしての内情等を考えてみると面白い。

(う)そして01年以降の新たな驚異の出現によって世界はどのように変わり、そして核の役割はどう変わったのか?を考えなくてはいけない

とりわけ、N5とその周辺国、同盟国、NAMの冷戦から今にいたるまでの世界情勢を鑑みての核に対する姿勢をほんとに把握するのが重要であり、また難しいと思った。

参加者の多くがその長いスパンでの世界情勢と世界政治と核の役割を考察して会議に望めば、とても質の高い会議が出来るはずであろう。

あ~↑エラソーな発言(>_<)

最後に

>みずほ

初?コメントありがとう!しかもシークレットに(笑)

そう言ってくれると、とても嬉しいです。

僕も一年を振り返り同意見です。

みずほの会長としてよかった点の一つに、

「相手を適切に評価できる能力に長けている」というところがあると思いますよ!

1人1人を適切に評価出来るってことは、全体を適切に評価出来るってことにつながりますしね。

しいては、サークルとして適切な方向へと導けるということですね。

よくみずほは、「人を引きつける力」があると言われますよね?

結局、そのみずほの最大の長所も、それに加えて「適切に評価する力」が加わるからこそ、相互に活かされるっていうのを感じたりします~☆
スポンサーサイト
【2006/01/01 03:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ki1212.blog23.fc2.com/tb.php/46-dc1ce73e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
お初と寛次


時代の波に流され書き始めたブログ。 創作心中劇「お初と寛次」の創作と現実の日々の生活を交錯させた、新しい!(なんとでもなる?)ブログ☆

I am・・・

名前:kyouhei 年齢:20(しつこいようだが加藤あいと誕生日同じ) 所属:単位崖っぷち大学生 趣味:スポーツ観戦(野球・蹴球等)・日本史(北条早雲~GHQまで※江戸中期のぞく)

kyouhei

Author:kyouhei
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。